結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

電報・弔電で押さえておきたい定番の例文・文例まとめ

チェックアイコンと人差し指 弔電

冠婚葬祭用途で電報・弔電を送る人がもっとも神経過敏になるポイントが弔電で送る文章です。マナー違反の文章を送って遺族に失礼なことをしてしまわないように最大の配慮をかけようと考えるのは、ごくごく普通の考え方です。そこで今回は、弔電で利用する頻度が高い必ず押さえておきたい定番の例文集をまとめて紹介していきます。

弔電の例文は注文時に参照可能

前提として覚えておいて欲しいことがあります。それは、弔電(電報)の定番例文集はネット電報の注文画面で確認して参照することが可能となっています。事実、ハート電報の特徴と申込方法パーフェクトガイド!人気祝電も紹介という記事で実際の注文画面と共に例文を参考にしてコピペできることを紹介しています。(スマホからもパソコンからもコピペ可能となっています。)ゆえに弔電を手配する時に文例集を確認する必要もない環境となっています。

手書き電報を送る機会もめっきり少なくなり、信頼性が高くスピーディーな配達が可能となるネット電報を利用する環境が整っています。ゆえにマナー違反の文章を送ってしまうリスクを極限まで避けることができます。

これだけは覚えておこう!弔電文例NGマナー

弔電で覚えておきたい文例NGマナーは下記の通りとなっています。

  • 再び、再度、続く……などの言葉を使用すると同じ不幸が再び起こるという意味合いを感じさせるのでNG
  • 重ねる、再三、くれぐれも、かさねがさね……知人などに不幸が重なるなど、短期間で連続して不幸が連鎖するという意味合いを感じさせるのでNG
  • 9と4の数字……不吉な数字で弔電以外の場でも忌み嫌う数字(日本以外の国だと別の数字が忌み嫌う数字になる可能性もあるので、外国の知人などのケースは注意が必要です。)

上記の通りとなっています。使用NGな弔電文例を理解しておくことで弔電を受け取った遺族が嫌な思いをせずに済みます。また、あなたも常識がないと思われずに済みますよ!

電報という言葉と弔電・祝電という言葉は同列で使われるのが一般的となっています。弔電はお悔やみ電報、祝電はお祝い電報と表現するケースも非常に多いです。

弔電の定番例文・文例

弔電を送る相手で言葉遣いや呼び名を変えるのが一般的となっています。まず、最初に汎用性が高く誰にでも使用できる文例から紹介していきます!

ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。

ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

ご生前のご功績を偲び、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

●●様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

突然の悲報に接し、驚きを禁じえません。心より哀悼の意を表します。

※受取人の奥様のお母様が亡くなった場合は「ご丈母様」または「ご岳母様」を使用します。(「ご尊父様」も同様の言い回しで問題ありません。)

ご岳母様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。故人のご冥福をお祈りいたします。

ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。ご尊父様には、「真摯な人生」を学ばせて頂き感謝しております。これからも私の心の中で人生の師として、いつまでもそばにいてくださる事と思います。

※法要・慰霊祭の時にも電報を活用できます。

ご法要のご通知頂き、有難う御座います。あいにく、所用にて参列できず、誠に申し訳御座いません。心よりご冥福をお祈りいたします。

※仕事で弔電を送る時も身内と同様の表現で問題ありません。

○○社長様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

社長様のご逝去を悼み、社員ご一同様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

上記の通りとなっています。弔電では、喪主と故人の関係性で表記が異なってきます。関係性で表記する故人の呼び方も電報を注文する時に確認できる仕組みになっているのでご安心ください。

記事始めの目次に戻る

弔電を手配するならハート電報

弔電を手配するならハート電報を利用しましょう。気持ちと想いを伝えることができるフォーマルな弔電台紙やお供え物セット電報、フラワー電報の注文が可能となっています。今すぐ届けたいというニーズにも対応しているのでご安心ください。オプションで超特急の注文も可能となっていますよ!まずは、ハート電報の公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで申込

まとめ

いかがだったでしょうか。電報・弔電で押さえておきたい定番の例文・文例をまとめて紹介しました。繰り返しになりますが、ネット電報が手配できる各社の注文画面で定番の弔電文例集からお好みの文章をコピペできるようになっています。文頭と文末の定番文章は例文の力を借りて、核となるあなただからこそ送ることが出来るオリジナリティ溢れた文章の作成に時間を使いましょう! ここで紹介した情報が参考になれば幸いです!