結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

訃報が届いてお悔やみ電報を送る時の基礎知識とマナー

人の手とチェックテキスト 弔電

人生を楽しく過ごすために欠かせないのが健康とストレス発散ができる趣味などです。幸せで平凡な毎日に急に届く不幸な知らせのひとつに訃報があります。大切な友人やお世話になった恩師、友人の親族など、自分との関係性で訃報のインパクトは大きく変わってきます。訃報はできれば受け取りたくないお知らせではありますが、どんな人間でも必ず最後の瞬間が訪れます。だからこそ、大切な方の最後のお別れは重要な儀式です。しかし、年中忙しく日本各地を飛び回る仕事をしている人や緊急性が高いプロジェクトの山場を迎えている人は、どうしても葬儀に参加できない状況が発生してしまいます。そんな時は訃報が届いたらすぐにお悔やみ電報を手配することが重要となってきます。そこで今回は、訃報が届いてお悔やみ電報を送る時の基礎知識とマナーをまとめて紹介します。

訃報が届いたらすぐに電報を手配

訃報が届いてから通夜、葬儀、告別式は間髪いれずに進んでいきます。訃報が届いたタイミングで葬儀の参列が難しいと分かっているならすぐにお悔やみ電報を手配しましょう。もし、訃報を受けたタイミングで参列ができるか未定なら決定したタイミングですぐにお悔やみ電報を手配しましょう。お悔やみ電報を手配する上でもっとも気をつけたいのが送付先と期日です。一般的に葬儀の時に弔電を読み上げるので葬儀の前日までに届いているとベストです。送付先は故人の自宅ではなく葬儀場に直送するのがマナーとなっています。

お悔やみ電報が届くまでの日数

ネット電報サービスでカード台紙電報を手配するなら当日の午前中に手配すれば最短でその日中に届けることができます。どんなに遅いネット電報サービスでも翌日の朝一に届く仕組みになっています。もし、特急便を希望するならNTTがおすすめです。当日19時までに支払い完了すれば最短で当日中に弔電を手配できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。訃報が届いてお悔やみ電報を送る時の基礎知識とマナーを紹介しました。ここで紹介した情報をぜひ、参考にしてみてください。お悔やみ電報を手配するなら弔電のバリエーションが豊富なハート電報を利用してみてはいかがでしょうか。お祝い電報の品揃えが豊富なことで有名ですが、お悔やみ電報の品揃えも負けていません。
従来の電報サービスと同じ品質の電報が手配できるネット申し込み限定のハート電報でお得にお悔やみ電報を手配しましょう! 訃報が届いて葬儀に参加できないことが分かったタイミングで電報を申し込むのが得策です。葬儀の日までに届かなかったら弔電の意味がないですからね。ハート電報の公式サイトをチェック!

公式サイトで申込