結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

お悔やみ電報は告別式までに届けばいいの?弔電の基礎マナー

ビジネスマンの手と閃き 弔電

お悔やみ電報を初めて送る方は弔電のマナーや送り方、どのタイミングで弔電が届けば良いのか心配になる方が多いと思います。そこで今回は、お悔やみ電報の送るタイミングに特化した情報を紹介します。弔電はお世話になった故人の葬儀に参列できない時に送るフォーマルなお悔やみメッセージですが、常識から外れた弔電の送り方をしてしまうとせっかくのお悔やみの気持ちが台無しになってしまいます。残された遺族は悲しみのどん底です。だからこそ、遺族の方に最大限の配慮ができるように弔電のマナーを理解した上で電報を手配することが重要です。一緒に勉強していきましょう!

葬儀の流れ

葬儀の流れは一般的に下記の通りとなります。

  1. 訃報のお知らせ
  2. 通夜
  3. 葬儀・告別式

上記の通りとなっています。地域によって差はありますが、一般的に葬儀のタイミングで届いた弔電を読み上げる時間が確保されています。ゆえにお悔やみ電報を手配する時は告別式に届くようなスケジュールで送ってしまうと間に合わなくなってしまう可能性があります。告別式に合わせてお悔やみ電報を手配するのはNGです。せっかくのお悔やみ電報が逆に失礼な印象を与えてしまうことにもつながりかねません。通夜に間に合うように届けると良いでしょう。

地域によっては葬儀と告別式を同時に行うケースがあります。どちらにせよ葬儀に間に合うように電報を手配しないといけないです。

弔電で他に気をつけることは?

弔電を送る時に気をつけるべきことは、他にもあります。特に宛名の書き方に注意が必要です。宛名は故人名ではなく、喪主名で送るのがマナーです。また、お悔やみの言葉で「続く」「再び」など、再び同じことを繰り返すニュアンスが伝わってしまう文章は絶対にNGです。残された遺族の気持ちに配慮しつつも故人との最後のお別れの挨拶を送ることが望ましいです。なお、お悔やみ電報の文例はネット電報を注文する時に確認することができるのでご安心ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。お悔やみ電報は告別式までに届けば良いのかを紹介しました。必ず葬儀に間に合うようにお悔やみ電報を手配しましょう。なお、訃報のお知らせを受け取ったタイミングで参列するのが難しいことが判明したなら、すぐにお悔やみ電報を手配してしまうことをおすすめします。故人の自宅に送るのは紛失トラブルにつながってしまいます。葬儀会場に直送するように送りましょう! お悔やみ電報を手配するならカード台紙電報、フラワー電報が揃っているハート電報を利用しましょう。ネット電報サービスで信頼性が高い業者なので安心して電報を手配できますよ!

公式サイトで申込