結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

電報の送り方は電話とネットの2種類!ネット申し込みがおすすめ

電報の送り方は電話とネットの2種類!ネット申し込みがおすすめ 弔電

2000年代から電報の法律改正と規制緩和によりNTT以外の事業者も電報サービスを一般消費者に提供できるようになっています。新たに新規参入した事業者はネット電報サービスという形態でインターネット上で申し込み手続きをする前提でサービスを提供しています。初めて電報を送る方はそもそも電報が何なのかを知らない方が多いのではないでしょうか? そこで今回は、一般的な電報の送り方を紹介します。

祝電とはお祝いの気持ちを伝える手段!おすすめネット電報も紹介
祝電とはお祝いの気持ちを伝える手段です。祝電の送り方や利用方法などと共におすすめのネット電報サービスも紹介しています。今すぐチェック!

一般的な電報の送り方は2種類

一般的な電報の送り方は2種類あります。固定電話から115の番号をコールして電報を送る(打つ)手段、NTTや各種ネット電報経由でインターネットから電報を申し込む手段の2種類となります。固定電話を持たない人が増えて固定電話からの115の番号で電報を打つ人は減少傾向にあります。しかし、電話で電報を手配できないワケではありません。NTTのネット申し込みD-MAILサイトではスマホからも電話できるフリーダイヤルを設けて電話での電報申込みを受けつけています。
電報は電話でメッセージを伝えてそれが相手に音声メッセージで届くという認識をしている人もゼロではないと思います。実際の電報は電話やインターネットで申し込んで、カード台紙タイプのメッセージカードで相手に届きます。2010年以降は個人の連絡用途で電報を使う人はほぼゼロになり、お通夜や告別式の時に使用するお悔やみ弔電と結婚式などのお祝い祝電の2つの用途で使われています。

ソフトバンクグループが提供するほっと電報は、通信事業者のソフトバンクだからこそできる差別化でソフトバンクの携帯電話・スマートフォンから115の番号をコールしたら電報を送ることができる仕組みが導入されています。ソフトバンクユーザーだったらほっと電報がおすすめです。

ちなみに安価なぬいぐるみ電報だったらハート電報、格安の台紙カードタイプのネット電報を送りたいならVERYCARDもおすすめです。それぞれのネット電報サービスに独自の特徴があります。簡単に言うと安価に従来の電報サービスの3分の1の格安価格で電報を手配したいならベリーカードがおすすめです。可愛いぬいぐるみ電報を送りたいなら日本最大級のぬいぐるみ電報を取り揃えているハート電報がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。一般的な電報の送り方を紹介しました。当たり前のことですが、電話で電報を受け付けている従来の電報サービスは、受付にかかる人件費などがのった料金体系となっているのでインターネットからの申し込みに限定しているネット電報サービスの方が値段は安くなります。スマホに慣れ親しんだ世代は電話よりネット注文で手軽に完結させたいと考える人が多いと思います。手間や時間をかけずに安価に電報を送りたいならネット電報を活用してください。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです!