結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

従来の電報とネット電報の違いって何?送り方が違うの?

従来の電報とネット電報の違いって何?送り方が違うの? 弔電

従来の電報サービスといえばNTTが挙げられます。なぜなら、2003年まで法律により民間の一般事業者が電報サービスを一般消費者に提供することができなかったからです。そのため、電報といえば固定電話で115の番号をコールしてNTTを使って打つのが一般的でした。しかし、規制緩和により民間事業者も総務省に認可を受けた上で電報サービスを提供できるようになりました。それと共にインターネットが発達してスマートフォンで24時間どこでもLINEなどのチャットアプリでメッセージを送る環境が整いました。そんなネット世代の方は電報を利用したことがない方が大半だと思います。
ここでは、従来の電報サービスとネット電報の決定的な違いを中心に送り方の違いなどをまとめて紹介していきます!

結婚式電報のおすすめ人気ランキング10選!人気祝電完全ガイド
結婚式の電報で人気のある種類のおすすめ祝電をまとめて紹介しています。30社以上のネット電報サービスから評価の良い会社をピックアップしてそのネット電報で特に人気のある電報を売れ筋人気ランキングで紹介しています。これさえ見れば結婚式にピッタリの電報が見つかりますよ!見逃し厳禁!

そもそも電報とは

そもそも電報とは
電話などの通信環境が整っていない時代にメッセージを伝えるための手段としてモールス信号で伝えていたのが発展して電報が生まれたといわれています。ネットが発達するにつれて緊急連絡用途などで電報を使用する人がほとんどいなくなり、結婚式などの正式な場にメッセージを届ける祝電・お悔やみの弔電を総称して電報と呼ぶのが一般的となっています。

従来の電報とネット電報の違いは?

最初に紹介した通り、法律の規制緩和に伴いネット電報を提供する事業者が増えてネット経由の電報を利用する人が増えています。当サイトの定義としまして、それぞれの電報の違いは下記の通りです。

インターネットでの申し込みに特化して運営費を下げて安価で安い電報サービスを提供しているのがネット電報サービス、電話申し込みを推奨する仕組みでネット申し込みも行っているのが従来の電報サービスです。

ネット電報の方が事業運営費が低いので安価に格安で電報を送ることができます。総務省に認可を受けた特定信書便事業者が電報サービスを提供しているので信頼性と安全性はNTTと比較しても全く同じレベルといえます。信頼性については心配しなくて大丈夫です。

送り方に違いはあるの?

送り方に違いはありません。どちらも送りたいメッセージと電報の種類(ぬいぐるみ、カード台紙、バルーンなど)を選択して申し込み、ネット通販のようにクレジットカードなどで支払いをすれば指定した住所にメッセージカードが届きます。結婚式では、カード台紙だけでなくぬいぐるみやバルーン付きの電報を送るのも一般的です。下記の記事でハート電報について詳しく紹介しています。合わせてチェックしてみてください!

ハート電報の特徴と申込方法パーフェクトガイド!人気祝電も紹介
結婚式のお祝い電報やお悔やみ電報をネットから簡単に注文完結して配達までできる電報サービスであるハート電報の特徴と申込方法を紹介しています!送る相手の好みに合わせた電報を注文しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。従来の電報とネット電報の違いを紹介しました。スマートフォンを使いこなす世代からしてみると従来の電報はとても古臭く感じると思います。また、電報を送る意味や意義を見いだせない方も多いと思います。しかし、結婚式やお葬式などの正式な場でメッセージを伝えるには電報がもっともスマートな方法といえます。当サイトでは様々な電報に関する情報を紹介しています。ぜひ、効率的に情報を活用してスマートな電報を送ってみてください! 従来の電報サービスの3分の1の価格で注文できるベリーカード電報もおすすめです!

祝電とはお祝いの気持ちを伝える手段!おすすめネット電報も紹介
祝電とはお祝いの気持ちを伝える手段です。祝電の送り方や利用方法などと共におすすめのネット電報サービスも紹介しています。今すぐチェック!