結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

電報と祝電の違いって何?お悔やみ弔電についても紹介!

アートフラワー電報 祝電

インターネットの普及に伴いスマートフォンでSNSやLINEを利用してメッセージをやり取りするのが当たり前になりました。隣の中国ではWechatというLINEのようなメッセージアプリが広く普及しており、現在中国人の7割以上にあたる10億人が利用し、70歳以上のおじいちゃん、おばあちゃんが息子や孫との連絡ツールとしても活用しているほどです。今日ではスマートフォンでのメッセージのやり取りが主流となりましたが、結婚式や葬式の場においては伝統的な電報が現役で使われています。今回は、電報と祝電の違いと弔電について紹介します。

電報と祝電の違いとは

厳密に定義すると電報と祝電という言葉に違いはありますが、仕事やプライベートで電報を送るだけなら2つの言葉に違いはないと考えて問題ないと筆者は考えます。2010年以降、電報の一般連絡用途の利用者がほぼゼロになりました。そのため、電報という言葉は結婚式、出産祝い、誕生日祝、祝勝会などのお祝い祝電、大切な存在であった故人に送るお悔やみ弔電の2種類を総称して「電報」と呼ぶようになりました。

祝電と弔電以外で電報を利用する方もたくさんいます。弔電は用途が限定されますが、祝電は誕生日、出産祝い等の全てのお祝い事に活用できます。

お悔やみ弔電は葬儀で利用

お悔やみ弔電はお通夜・告別式などで使う
お世話になった方のお通夜や告別式に参加できない時に「弔電」といった形で電報を打ちます。葬儀の場においてお悔やみ弔電はもっとも活用されています。お祝いの祝電とは正反対に位置する電報なので、明るい雰囲気の台紙カードなどは使用できません。また、お祝い電報で重宝されるぬいぐるみ電報バルーン電報などは使用できません。弔電で利用できるのは通常のカード台紙とフラワー電報とギフト電報のみとなっています。

各電報サービスではお祝い祝電とお悔やみ弔電の申し込みページがはっきりと分かれているので間違ってしまう心配は不要です。
弔電の送り方・文例・例文とおすすめネット電報
弔電の送り方と文例・例文について紹介しています。弔電を送るのにおすすめのネット電報も紹介しています。今すぐチェック!

おすすめの電報サービス

結婚式、葬式で利用できるおすすめの電報サービスを紹介していきます。どちらの電報サービスもお祝い、お悔やみで利用できますが、最初に紹介するハート電報はお祝い用途、次に紹介するVERYCARDはお悔やみ用途で利用してみてはいかがでしょうか。

ハート電報

ハート電報とは
ハート電報は、日本最大級のぬいぐるみの品揃えを誇る電報サービスです。ぬいぐるみ電報以外にもフラワーギフト、カタログギフト、ハッピーボックスギフト、フォトフレームギフト、ラインストーンギフト台紙などの結婚式を華やかに彩る電報を注文できます。今なら会員登録で全品10%OFFの割引特典を受けられる期間限定キャンペーン開催中です。まずは公式サイトをチェックしてみてください!

公式サイトで申込

VERYCARD(ベリーカード)

verycard
最短即日配達のスピード電報と従来の3分の1の料金で注文できる格安電報として知名度が高いVERYCARDです。お祝い電報の品揃えも豊富ですが、お悔やみ弔電もたくさん揃っています。VERYCARDの公式サイトに移動すればそれぞれの用途でおすすめの電報をランキング形式で紹介しているので、おすすめをチェックして気に入る電報を注文してみてください。まずは公式サイトをチェック!

公式サイトで申込

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。電報と祝電と弔電の違いについて紹介しました。多くの方が社会人になってから電報を送る機会が増えてくると思います。筆者も社会人になるまで電報の送り方を正しく理解していませんでした。ここで紹介した情報はもっとも基本となる基礎知識です。まず最初に電報は冠婚葬祭の時に使用するものと理解しておきましょう。当サイトでは電報に関する情報を総合的に色々な角度から紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!