結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

お祝い祝電を遠慮して断られてしまった時の対処方法は?

お祝い祝電を遠慮して断られてしまった時の対処方法は? 祝電

結婚式の価値観が多様化してきて従来のようにハガキで出欠確認が届かずにメールやLINEなどで出欠確認が届くケースもゼロではなくなってきました。また、挙式・披露宴の招待はなく二次会のみLINEなどで招待が来るケースも多いと思います。二次会のみの招待だったけど電報を送りたいと思ったので結婚式場の住所を聞いたけど、遠慮して断られてしまった……そのような時に祝電を送るにはどのように対処すると良いのでしょうか。

遠慮して断られる理由は?

上記のような二次会だけ招待されて披露宴に招待されていないパターンで電報を送りたいと考える人はいると思います。良かれと思って電報を送ろうと思ったが、断られるのは想定外……一体どのような理由が考えられるのでしょうか。一般的に電報を遠慮がちに断られるのは2つのパターンが挙げられます。

  • 挙式・披露宴に招待していないので、わざわざ電報を受け取るのが申し訳ないと思っている。二次会だけ参加してもらえたらと思っている。
  • インターネットと共に成長してきてメールやチャットでメッセージを受け取るのが当たり前になっていて、純粋にカード台紙などの電報を送られても嬉しくないと思っている。

どちらにせよ電報を遠慮して断られてしまったら電報を送るのを諦めた方が良いでしょう。しつこく式場名を確認して電報を送ろうとすると最悪、本気で嫌がられる可能性があります。

電報を遠慮して断るぐらいなので無理やり送らないように。結婚式に参加する別の友人に式場や開催時間を聞いて電報を送るのもNGです。受け取った新郎新婦がびっくりすると共に申し訳ない気持ちになると思います。人生最良の日に泥を塗るような行為は禁止です! ちなみに招待されていないけど電報を送る行為を問題ないと考える人もいると思いますが、筆者は招待されていないなら送らないほうが良いと考えるタイプです。

親族だけで行われる結婚式に祝電を送っても良いの?

親族だけで行われる結婚式でも祝電を送ることは全く問題ありません。友人に連絡を入れて式場を確認すると良いでしょう。親族のみで小規模に行われる結婚式は、挙式のみで披露宴はなく親族だけの食事会のケースが多いです。しかし、電報のお祝いメッセージは確実に相手に思いを届けることができるので親族だけの結婚式に祝電を送ってOKです!

結婚式電報のおすすめ人気ランキング10選!人気祝電完全ガイド
結婚式の電報で人気のある種類のおすすめ祝電をまとめて紹介しています。30社以上のネット電報サービスから評価の良い会社をピックアップしてそのネット電報で特に人気のある電報を売れ筋人気ランキングで紹介しています。これさえ見れば結婚式にピッタリの電報が見つかりますよ!見逃し厳禁!

まとめ

いかがだったでしょうか。お祝い祝電を遠慮して断られてしまった時の対処方法を紹介しました。電報を送りたい旨を伝えて遠慮されてしまうなら送らないほうが良いでしょう。しつこく聞かなくても送れるなら送ってしまえば良いですが、式場名などを確認しないと送れない場合は諦めるようにしましょう!