結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

弔電の送り方・文例・例文とおすすめネット電報

葬儀場 弔電

日本で利用されている電報は主にお祝い用の祝電とお悔やみ用の弔電の2種類に分かれます。祝電はお祝いの場に送るメッセージということもあり、あまり細かい制約はありません。しかし弔電の場合、祝電のように自由な文例で送るのはNG。そこで今回は、お悔やみ用途で使用する弔電について紹介していきます。弔電は告別式・葬儀の時に送るフォーマルなメッセージです。残された家族は悲しみに打ちひしがれている時なのでメッセージ一つにも最大限の配慮が必要となります。仕事で弔電を送る機会も多いのでここでマスターしてしまいましょう!

お悔やみ弔電とは

お世話になった方が逝去した際にお悔やみの気持ちをフォーマルなメッセージで届ける電報を総称してお悔やみ弔電といいます。弔電にや祝電で使用するようなぬいぐるみ電報などの華やかな電報を送るのはマナーとして絶対にNGです。弔電マナーに沿った形であなたがお世話になった方へお悔やみの気持ちを届けることが重要です。奇をてらった送り方は意味がありません。あなたから弔電が届いたという事実だけが親族の支えになります。重要なので繰り返します。重要なのはあなたからメッセージが届いた、という点です。葬儀・告別式はあっという間に過ぎ去るので送り忘れなどしないようにしましょう。

弔電の目的は、通夜・葬儀・告別式に参加できない時にお悔やみの気持ちを届ける手段として存在しています。

弔電はいつまでに届けばよいの?

弔電は一般的に告別式・葬儀で読み上げる慣習となっています。通夜が終了した後に届いた弔電を仕分けして誰の弔電を読み上げるかを親族が決定します。ゆえに弔電は告別式の前に届いていれば問題ありません。一般的には訃報を受けた後にすぐ手配する方が多いです。あまりに早く届きすぎてしまうのも問題ですが、訃報を受けたタイミングで電報を打てば告別式に間に合います。早すぎるのもNGです。理想としては告別式が終了するタイミングを見計らって届くようにすると良いでしょう。

参加できない可能性がある時に弔電を先に手配してしまうのは問題ありません。弔電が届いた上で葬式に参加するのも全く問題ありませんのでご安心ください。

弔電はどこに送るの?

訃報を受けたタイミングで告別式の斎場や日時が判明しているなら、斎場に直送して問題ありません。もし告別式の斎場が不明なら自宅に送りましょう。しかし、大切なことは告別式のタイミングで弔電が届いていることです。斎場に直送するのがベストです。宛名は喪主名で送りましょう。

弔電のメッセージの書き方は?

当サイトでたびたび紹介していますが、弔電を申し込む時に電報の慣例を踏まえた文例を確認することができます。申込時に確認できる文例を元に作成して、そこにあなたのお悔やみの一言を追加すると完璧です。よくある文例だけで送ってしまうと気持ちがこもっていない弔電になってしまう可能性があります。100文字以下に収めるようにすると良いですが、どうしても伝えたいメッセージがあるなら100文字を超えても全く問題ありません。重要なのはあなたが心の底から伝えたいことを記入することです。

弔電を手配する時は身元が分かるようにすることをおすすめします。住所と氏名だけでは親族の誰の知人や友人なのかを判別することができません。故人と直接関係がある方なら良いですが、息子の友人や学校の友だちならそれが分かるようにしておくと良いです。

⇒⇒最短即日配達のVERYCARDで弔電を注文する方はこちらをクリック!

弔電の文例は?

弔電の文例は?
弔電の場合、まず最初に決まり文句として「ご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。」「ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。」などが文頭に来ます。その後、あなた自身のお悔やみの言葉を一言添えればOKです。では具体的な文例を紹介しましょう。

  • 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりでございます。生前の笑顔の絶えない明るい姿が今もなお目に浮かびます。もう〇〇様に会えないと思うと残念でなりません。安らかにご永眠されますことお祈り申し上げます。
  • ご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。残されたご家族のことを思うと無念でなりませんが、励まし合いながら一日でも早く前に進みますことを心よりお祈り申し上げます。
  • ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。1年前にお会いした〇〇様の元気な姿を思うと、いまだに信じられない気持ちでいっぱいになります。お別れの言葉を直接お伝えすることができず、非常に残念でなりません。遠方よりご冥福を心からお祈り致します。

全体的にフォーマルな文章で構成し、一言自分の言葉で気持ちを伝えるといいでしょう。こちらはあくまでも例文として参考にしてください。

弔電の価格帯は?

弔電にオリジナリティや凝った台紙デザインはあまり必要ではありません。そのため、シンプルな台紙デザインの電報を使えば1,000円台で送料込みで利用できます。ちなみに従来の電報サービスの弔電は、会社によっては文字数が増えるごとに料金が上がる仕組みになっています。
しかし、ネット電報だったら格安で、総務省から認可を受けた事業者が運営しているので安心安全に利用することができ、確実に指定した時間に指定したメッセージの弔電を配達してくれます。

弔電でおすすめのネット電報

弔電を手配するのにおすすめのネット電報サービスを2社紹介します。どちらの会社も専門のネット電報サービスとして運営しているので安心して利用できます。

VERYCARD

VERYCARDの弔電
VERYCARDは、総務省から特定信書便取扱事業者の認可を受けているネット電報です。従来の電報の3分の1の価格で手配できるネット電報というコンセプトで多くの方から人気があって利用されている電報サービスです。哀悼の意を示すデザインの弔電も数多く取り扱っている上に最短即日配達が可能となっています。まずは公式サイトをチェックしましょう。送料・文字料込みで1,000円台で注文可能となっています!

公式サイトで申込

ハート電報

ハート電報の弔電
ハート電報はぬいぐるみ電報などの結婚式用途で用いるお祝い電報のイメージが強いネット電報ですが、お悔やみ弔電の電報も数多く取り揃っています。公式サイトをチェックすれば弔電の取り扱い商品点数に満足すること間違いなしですよ! 今なら会員登録で全品10%OFFで注文できる期間限定キャンペーンを開催しています!

公式サイトで申込

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。弔電の送り方などを中心に弔電に関する総合的な情報を紹介しました。祝電と異なり、残された遺族は悲しみに包まれています。相手に失礼がないように細心の注意を払って弔電を手配しましょう。もし、予定を調整できるなら参加することを推奨します。弔電を送るなら当サイトで紹介しているVERYCARDがおすすめです。急ぎの配達に対応してくれる上に従来の電報サービスの3分の1の価格で弔電を手配することができます。VERYCARDが気になる方はおすすめ電報サービスのVERYCARDをチェックしてみてください。