結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

結婚式の祝電で使ってはいけない言葉って何があるの?

祝電で使ってはいけない言葉ってなに?基本マナーは? 祝電

結婚式に参加した経験が少なかったり、結婚式の祝電を送ったことがないと祝電で使ってはいけない言葉を理解していないケースが多いと思います。そこで今回は、結婚式の祝電で使ってはいけない言葉を紹介します。祝電で禁止されている言葉を使わないのは基本マナーですよ。知らないと恥ずかしい思いをすることになるので初めて祝電を送るときも使わないように注意しましょう! もし心配なら事前に両親や先輩など祝電マナーに精通している方に教えてもらうのもアリだと思います!

祝電で使ってはいけない言葉

祝電で使ってはいけない言葉は大きく分けて4つのパターンがあります。

  • 離婚・別れ・喧嘩を連想させる言葉
  • 親族や新郎新婦を侮辱する言葉
  • 相手の過去の失敗を取り上げる
  • とても人前で話せないような新郎新婦の過去の恋愛話

基本的に上記のパターンが祝電で使ってはいけない言葉です。親族や新郎新婦を侮辱する言葉を使う人はいないと思いますが、相手の過去の失敗を取り上げるのはおすすめできません。もしかすると結婚するパートナーはその事実を知らない可能性もあります。(過去の恋愛の失敗やお酒の失敗などを面白おかしく笑い話として書くケースなどが挙げられます。)突っ込んだ話をしたいなら別途、飲み会の席などを設けるようにすると良いでしょう。特に気をつけてほしいのが離婚や別れを連想されてしまう言葉です。例えば、離婚を連想させる「去る」「終わる」「別れる」縁や結びつきがなくなる「切れる」「破れる」「浅い」などです。また、縁起の悪い言葉なども使ってはいけません。結婚式の祝電で使うと望ましいよくある文例は下の記事で紹介しているので合わせてチェックしてください!

結婚式のお祝い電報の例文・文例25選とおすすめネット電報
結婚式のお祝い電報の例文・文例25選とおすすめネット電報を紹介しています。結婚式の電報を贈る時の参考に活用してください!

間違った言葉を使わないようにするには?

間違った言葉を使わないようにするには、各種電報サービスの申込画面で確認できる結婚式のお祝い文例を参考に送るメッセージを作成するのがベストです。よくある文例集を確認することにより間違っていて相手に不快感を与えてしまう言葉を使わないで済みます。結婚式は新郎新婦や親族にとって、かけがいのない大切な一日です。新郎新婦も参列者も全員がハッピーで笑顔が溢れる結婚式が最高だと思いますよ!

結婚式の祝電でおすすめのネット電報サービス

結婚式の祝電でおすすめのネット電報サービスをチェックしてください。どちらのネット電報も注文時に文例を確認してコピペで利用できるようになっています。ご安心ください!

ハート電報

ぬいぐるみ電報を申し込むならハート電報♡
ハート電報は、日本最大級のぬいぐるみ電報の品揃えと共にギフトカタログ電報、フラワー電報、フラワーフレグランス電報、キャラクター電報などの結婚式用途にピッタリな電報を注文可能となっています。結婚式以外にも誕生日祝い、祝勝会、出産祝い、お祝い事で利用できる電報、お悔やみ弔電で利用できる電報も注文可能となっています。今なら会員登録で10%OFFで注文できる期間限定キャンペーン中です。まずは、ハート電報の公式サイトをチェック!

公式サイトで申込

VERYCARD

verycard
VERYCARDは、総務省から特定信書便取扱事業者の認可を受けている事業者です。従来の電報の3分の1の価格で注文できる点が大きな特徴です。文字数350文字まで一律料金で送料込みで注文可能となっています。もっとも安い電報台紙は、1,000円前半で注文可能です。まずは、公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで申込

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。祝電で使ってはいけない言葉(メッセージ)を紹介しました。ここで紹介した情報は祝電の基本的なマナーとなります。たった一言が相手の心を暖める、たった一言が相手を傷つける、これを忘れずに祝電を手配するようにしましょう! 祝電であなたの思いを新郎新婦にしっかりと伝えることがもっとも重要ですよ!