結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

友達に送る祝電と取引先に送る祝電はマナーが異なるの?

友達に送る祝電と取引先に送る祝電はマナーが異なるの? 祝電

お祝い祝電といえば結婚式に送るのがもっとも一般的ですが、最近では色々な種類の電報が増えるにつれて出産祝いや誕生日祝いなど多くのお祝いの場で活用されるようになってきました。今回は、祝電のマナー情報として友達に送る祝電と取引先に送る祝電はマナーが異なるのか? を紹介していきます。厳密に正しいマナーがあるワケではありませんが、いくつか注意した方が良い点があります。ただし、忘れてはいけないのが相手に合わせたお祝いのメッセージを送ることの重要性です。友人でも取引先でも相手のことをお祝いする気持ちが重要となります。一緒に勉強していきましょう!

友達に送る祝電と取引先に送る祝電の違い

友達に送る祝電と取引先に送る祝電は、大きく変わりませんが細部の違いを理解する必要があります。それは、「プライベートな関係とビジネスの関係」です。取引先でお世話になっている方の結婚式、取引先のご子息の結婚式に送る祝電は、前提がビジネスとしての付き合いで成り立っているので華やかすぎるぬいぐるみ電報やバルーン電報は避けた方が良いでしょう。ビジネスの関係で注意しないといけないことは多岐に渡ります。シンプルなカードタイプの電報台紙で「当たり障りのないお祝いメッセージ」を送ることがもっとも無難でおすすめです。ただし、ビジネスの関係でも少し気の利いたメッセージを送ることで相手の印象にいつまでも残り続ける電報を送れます。もし、そこまで深い関係値がなく一般的な電報メッセージの方が好ましいならそちらをおすすめします。反対に友人に送るなら、当たり障りのない感動もサプライズもない祝電はおすすめできません。相手に合わせたきめ細やかな祝電の手配がもっとも功を奏しますよ!

ちなみに取引先のご子息に送る電報の宛名はご子息宛に出さなければいけないという考えもありますが、一般的には取引先の担当者を宛名にしてご子息の結婚を心よりお祝い申し上げます。といった文例で書くと良いでしょう。もし、取引先のご子息の名前も知っていて面識があるならご子息宛に送るのが一般的です。ケースバイケースなのでビジネス常識を忘れずに臨機応変に祝電を手配しましょう。

祝電を打つタイミングは一緒

祝電を打つタイミングは一緒です。友人・取引先の結婚式に関わらず式場に直送するのが一般的となります。慌てて祝電を送ると良い結果にならない可能性が高いので、結婚式の会場や日取りが分かり次第手配することをおすすめします。祝電の手配も仕事と同じで前倒しでできることは、どんどん前倒しで実施すると良いでしょう。

おすすめのネット電報サービス2選

結婚式や葬式だけでなく様々なシーンで活用できるおすすめのネット電報サービスを紹介します。華やかな結婚式用途ならハート電報の方が品揃えが豊富でおすすめです。

ハート電報

ぬいぐるみ電報を申し込むならハート電報♡
ぬいぐるみ電報とかわいいギフト電報の豊富な品揃えが特徴のネット電報サービスです。注文可能な時間帯が限定されて追加料金が発生しますが、最短即日の手配も可能となっています。おしゃれで結婚式で喜ばれる電報がたくさん揃った公式サイトをチェックしてみてください。今なら会員登録で全品10%OFFで注文可能となっていますよ!

公式サイトで申込

VERYCARD

verycard
VERYCARDは、総務省から特定信書便取り扱い事業者の認定を受けている信頼性が高いネット電報サービスです。電話申し込みなどに対応せずネット申し込み限定となっています。その分、従来の電報の3分の1の価格で注文できる点が大きな特徴となっています。ハート電報と比較すると結婚式だけでなく、葬儀のお悔やみ弔電用途で利用できる電報も数多く取り揃っています。まずは公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで申込

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。友人関係に送る祝電とビジネス関係で送る祝電のマナーの違いを紹介しました。お祝いメッセージに大差はありません。ビジネスだったらシンプルなカードタイプの台紙電報などがおすすめです。友人関係だったらあっと驚くような特大ぬいぐるみ電報や特大バルーン電報などもおすすめですよ! 当サイトでおすすめしている電報サービスを比較して気に入った会社で申し込んでみましょう!